リフォームQ&A

現在のページ

HOME » リフォームQ&A » 塗料について » ジョリパットとは?

ジョリパットとは?

ジョリパットとは、水性タイプのアクリル樹脂をバインダーとした砂壁状塗材です。

粘りのある特性を生かして、コテやローラー模様を形作ったり、水で薄めて吹き付け等も可能な自由度の高い塗装用材料で、新築やリフォーム、店舗の内外装の仕上げに幅広く利用されています。
またカラーバリエーションも豊富で、壁面を個性的に仕上げ、自由な発想を実現し、建築物をいろんな表情にデザイン・演出します。
また、既存のジョリパットで施工した壁などの上からジョリパット再施工することや、ほかの材料で重ね塗りすることも可能です。

仕上げのデザイン性だけでなく、多くのメリットを兼ね備えています。
色褪せしにくく、キズがつきにくく、高親水性により雨水が汚れを除去しますので、色合いや質感を長時間保持する高い耐久性を持っています。そのため防藻・防カビにも効果があり、塗り替え回数も少なくて済みますので、メンテナンスに費用がかからない経済的な素材といえます。
防火性に優れていますので、安全面でも期待ができます。

  • 防火性・耐火性が高く、遮音性、遮光性にも優れています。
  • 湿気を吸収・調節するのでカビなどが壁につきにくく、自然素材で出来ているため有害物質の発生がありません
  • 柔軟性のある塗膜がヘアークラック(微細なひび割れ)を吸収し、ひび割れにくくします。
  • 長時間美観を保ちますので塗り替え回数を削減でき、メンテナンス性も高く経済的です。
  • 自由にカラーやパターンもバリエーションを作れますので、高いデザイン性を望めます。

■アイカ工業株式会社 http://www.aica.co.jp/
■塗り壁材(ジョリパット) の意匠一覧 http://www.aica.co.jp/01items/jolypate/directory_design.php

コンテンツメニュー

リフォームQ&Aカテゴリー

フィード