外装塗装[External Wall Paint]

現在のページ

HOME » 一般住宅リフォーム » 外装塗装
築年数が経つにつれて、ひび割れてきたり、汚れで色が黒ずんできたりと、外壁も経年劣化してしまいます。外壁を再塗装することで外観もリフレッシュできますし、建物自体をより長持ちさせる事もできますので、気になる方には思い切って外装塗装のリフォームをオススメいたします。
塗装関連は弊社の最も得意とする分野です。K&Kペイントが「塗装」を使った新しい「空間づくり」をご提案いたします。

省エネ塗料(遮断塗料)

省エネ塗料(遮断塗料)の施工前後のイメージ

「省エネ塗料」とは、屋根などに塗装をする事で熱を遮断してしまう「遮熱塗料」の事です。
夏の太陽に照り付けられた屋根は、70度以上にもなる事があります。こんな状態ではいくらエアコンで室内の温度を下げようとしても、焼けた屋根から建物の内部へジワジワと熱が進入してきます。
そこでこの「遮熱塗料」を使用する事で、太陽光に含まれる「赤外線」を高効率で反射し、日照による温度の上昇を防ぎますので、太陽熱による屋根や建物の温度を約15~20度抑えることが可能です。

「省エネ塗料」には以下のようなメリットがあります。

  • 夏のエアコンの使用を従来より抑えることができるので、電気料金の節約が期待できます。
  • 電気の使用量を減らすことができるので、CO2削減にもつながり、地球温暖化の抑制にも効果があります。
  • 建物自体の蓄熱が下がるので、ヒートアイランド現象の解消につながります。

光触媒

光触媒の施工前後のイメージ

「光触媒」は太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料です。この材料を使ったのが「光触媒塗料」です。

「光触媒」には「二酸化チタン」という材料が使用されています。「二酸化チタン」は従来から白色顔料として用いられている材料であり、塗料・化粧品・繊維など、一般家庭や各種工業で広く利用されています。また、食品添加物としても用いられており、安全性の高い物質です。
詳しくはQ&Aの「光触媒とは?」をご覧ください。